タロットヒストリー

タロットの歴史と記録

タロット占いがポピュラーになったのは、実はそれほど古い時代のことではありません。

フランスのパリのエテイヤという占い師によって書かれた『タロットと呼ばれる
カードのパックで楽しむ方法(Mani_re de se recr_er avec le jeu de cartes nomm_es Tarots)』
と題されたタロット占い関する本が1783年から1785年の間に4分冊として出版されました。

それ以前にも、タロット占いがおこなわれていた若干の記録はありますが、
本格的にタロット占いが広まっていくのは、この本の出版の後の19世紀のことだそうです。  

その後、タロットは19世紀後半のフランスのオカルティズムや秘教主義と結びつき、
その神秘性を強めていきます。

その中でも特にフランスのオカルティスト、エリファス・レヴィの著書
『高等魔術の教理と祭儀(Dogme et Rituel de la Haute Magie)』(1854-1855)は、
タロットとカバラの本格的に結びつけたことで、後世へと大きな影響を残しました。

さらに19世紀末には、レヴィの大きな影響を受けたフランスの「薔薇十字カバラ団」、
イギリスの「黄金の夜明け団」といったオカルト結社によって、
タロットの西洋魔術のツールとしての地位は確かなものとされていったのです。